ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

イスラエルの旅④

6日目は最後の観光、エルサレム旧市街です。まずはイスラム教の聖地、岩のドームへ
IMG_3266.jpg
そしてイエスが十字架を背負って歩いた坂道、ビアドロローサをあるきます。この道には14のイベントがあります。
IMG_3276.jpg
IMG_3286.jpg
この道の終点にイエス復活の聖噴教会がありますがあまりの混雑で周りを見て終わりです。
IMG_3359.jpg
今日のハイライトは嘆きの壁です。
IMG_3234.jpg
IMG_3407.jpg
この旅の最後となる眠れるマリアの教会にある最後の晩餐の部屋に。
IMG_3487.jpg

イスラエルは鉄道が1本しかないので交通手段はバスで道はすごくよいです。
DSC03472.jpg
食事はサラダをメインに七面鳥や鶏肉、羊の肉がよくでてきます。魚は酢でしめています。
DSC03597.jpg
DSC03598.jpg
DSC03599.jpg
ドレッシングは豊富
DSC03595.jpg
ガリラヤ湖で獲れた聖ピーターフィッシュをピタパンで食べました。
IMG_2731.jpg
イスラエルはこの2000年の間、安全な日はないそうです。だからいつ行っても良いです。今回はシナイ半島に行けませんでした。次回はヨルダンやシナイ半島に行ってみたいです。

PageTop

イスラエルの旅③

5日目、死海、エンポケックを出発、山の上にあるヘロデ王の宮殿へロープウエイで登ります。IMG_2986.jpg
山頂はかなり広く下から水をひくシステムを見ました。
IMG_3000.jpg
次に死海写本が発見されたクムランへ。
IMG_3104.jpg
死海の脇を通りパレスチナ自治区のベツレヘムへ。
IMG_3091.jpg
イエスキリストが生まれたベツレヘムは丁度騒動が収まったため行くことができました。生誕教会は世界から巡礼者が訪れるため長い列ができていました。
IMG_3160.jpg
生まれた記念の祭壇があります。
IMG_3178.jpg

PageTop

イスラエルの旅②

若いころ、地中海沿い、レバノンの国境の町にボランティア活動で4か月いたことがあります。自分の過去を見出すために今回イスラエルに再び来ました。
3日目、朝ホテルの窓からゴラン高原に上がる太陽を見ました。イスラエルに戻ってきた実感がわきました。DSC03474.jpg
朝一番に古い船で湖上クルージングです。
DSC03484.jpg
その後、イエスキリストが布教したいくつかの教会を巡ります。
DSC03553.jpg
最後にナザレの受胎告知教会を観光。世界中からお金が集まってくる教会なので豪華です。
DSC03564.jpg
中は建て替えたのでかなりモダンです。
DSC03576.jpg
日本からの寄進物もありました。
DSC03581.jpg
4日目もティベリアから出発です。
まずはハルマゲドンの地メキドへ
DSC03622.jpg
世界最古の町エリコで昼食
DSC03638.jpg
イエスキリストが洗礼を受けたヨルダン川沿岸に行きます。細い川です。世界から洗礼者が来ていました。
DSC03655.jpg
ヨルダン側はモスクやエミレットが見えます。
DSC03654.jpg

ここからヨルダン渓谷、海抜マイナスのエリアに入っていきます。ほとんど砂漠です。ベドウィン(砂漠の遊牧民)もいます。DSC03631.jpg
DSC03688.jpg
今回の旅のハイライト、死海で浮遊体験
DSC03716.jpg
DSC03710.jpg
ホテルにも普通の海水の11倍濃い塩水プールがあります。
DSC03726.jpg
ホテルからの夕日です。海面下400m、世界で一番低地にいます。空気が重たい。
DSC03730.jpg



PageTop

イスラエル旅行①

イスラエルに6泊8日の旅に行ってきました。今、文明世界で一番危険な国で、行く前にアメリカ大使館の移転反対暴動がガザ地区で起こり、イスラエル警察に60人殺されたとかゴラン高原にシリアからミサイルが撃ち込まれたりと、段々、興味が沸いてきました。
イスラエルは四国くらいの土地で60%は砂漠。人口は800万人が住んでいて、ユダヤ人が80%、アラブ人が20%です。
1日目は成田からアエロフロートロシア航空でモスクワ経由、テルアビブまで14時間の旅です。
DSC03370.jpg
2日目、朝早く起き、港のハーバーへ。船を見るとその国の遊び程度がわかります。一番大きなヨットでオデッセ39位なので日本と同等
DSC03385.jpg
砂浜は広く砂漠からくる砂なので目が細かく粘土質です。
DSC03390.jpg
まずテリアビブ市内を見ます。ロスチャイルドからの寄進でできたメインロードは綺麗で、そこに60年代建築の原点、バウハウスが4000棟建っています。ロスチャイルドは世界の20%の富を持っていて銀行、証券、保険、原子力、ダイアモンド、製薬、映画、通信等、世界のお金はこれらの会社に入って、出てきます。表社会はロスチャイルド、裏社会はフリーメイソン。
DSC03418.jpg
DSC03422.jpg
この後、バスで地中海に沿って北へ、世界遺産のバハーイ廊へ
DSC03435.jpg
そして世界遺産、十字軍の要塞アッコー観光
DSC03450.jpg
ここは漁港で商業中心地。キャラバンサライ(隊商の宿や馬舎)もあります。昔、赤坂にこれと同名の高級クラブがありました。
DSC03455.jpg
ここから先はレバノンなので東に向かい、ガリラヤ湖方面に。湖畔のティベリア宿泊です。DSC03472.jpg

PageTop

5月のミーティング

第2日曜日に代官山に44ヨタ8で出撃。
DSC03307.jpg
500馬力以上の車ということでアストンや大量のマクラーレンが参加。
DSC03315.jpg
DSC03317.jpg
有明会の525馬力のACコブラも
DSC03327.jpg
名前の知らない車も
DSC03310.jpg
何と言っても場違いなべレルはすばらしい。珍しい。
DSC03290.jpg
いつものようにこの後、有明会に。ヨタ8は3台でした。
DSC03331.jpg
今回はジェンセンヒーレーをじっくり見ました。
DSC03329.jpg
DSC03330.jpg
そしてミニカのダッシュボードに感激
DSC03337.jpg
有明会には珍しい240Z、よく出来た車です。
DSC03340.jpg
ヨタ8と兄弟のような結構年式の新しい2CV
DSC03348.jpg

PageTop