ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

モーガンのエンジン移植㉒

外注していたプロペラシャフトができあがりました。雨の日、練馬のJUNオートメカニックにひきとりです。
DSC09356q.jpg
プロペラシャフトはオリジナルより長くちょっと細いです。
DSC09361g.jpg
PCD変換アダプターも注文しておきました。
DSC09367e.jpg
取り付けました。
DSC09374s.jpg
ヘッドライトの配線もしました。フロントタイヤを取り外しタイラップで整理しました。
DSC09378d.jpg
DSC09381.jpg
ランプのコネクターもジムニーのものを使用
DSC09380f.jpg
これで大体のことは終わりました、しかし、今度はエンジンがかかりません。また、修理をしなくては。

スポンサーサイト

PageTop

モーガンのエンジン移植㉑

燃料ポンプがつきましたが燃料ポンプ単体では取り出せません。取り出すのはボデーの下に燃料タンク全体を落とさなければなりません。そこでボデーの木骨を削ることにしました。DSC09328.jpg
これで燃料ポンプ単体で取り出せます。
DSC09332.jpg
燃料ポンプが正常に動きました。後はATシフトが正常に作動するかです。キーロックを取り付けシフトがPのポジションに固定されました。
DSC09344.jpg
これでキーをひねるとエンジンがかかりました。6か月の苦労がいやされました。ほっとしました。
DSC09342.jpg
DSC09340.jpg
ただ燃料が濃くてマフラーから生ガスがでてきました。

PageTop

モーガンのエンジン移植⑳

燃料ポンプの移植にかなり手こずりました。部品がそろったので組み立てに入りました。
DSC09289.jpg
穴を開ける位置もポンプの大きさとタンク内の隔壁を考えて明けました。表面にリブがあるのでパテで表面をならし、耐油塗料で塗装。液状パッキンを塗り、耐油シートに穴を開けはりつけます。
DSC09292.jpg
ジムニーから取ってきた蓋をネジ止め。
DSC09294.jpg
ポンプを入れましたがうまく入らないので当たる部分をカットして入れました。
DSC09296.jpg
これで完成。
DSC09303.jpg
タンクを支える鉄骨を4本切り出してタンクのしたからネジ止め。コンパネをいれてショックを回避。
DSC09307.jpg
ポンプはモーガンの木骨に当たらず、よかった。
DSC09324.jpg
配管について心配していましたがモーガンのものに入れてOK。1本はあまります。
DSC09326.jpg
配線をして完成。たかがポンプと思っていましたが3週間かかりました。工程数は55と一番てまのかかる移植でした。

PageTop

ベルギーのトヨタ旧車コレクター

ベルギーの友人にISのテロのお悔やみメールを出したら返事がきました。H氏はトヨタ旧車のコレクターやクラッシク モンテカルロラリーにセリカで参加して好成績を収めています。最近トヨタ1600GT を日本から輸入したそうです。
domi5.jpg
他に日本からセリカでモンテカルロラリーに出場している日本人のサポートをしているそうです。
dom1014.jpg
この写真以外にトヨタの古いレーシングカーも持っています。
domi2017.jpg

PageTop

モーガンのエンジン移植⑲

モーガンノエンジンを動かすためには燃料の供給が必要です。ジムニーの燃料ポンプは年式によって燃圧を調整する機器が外点けと燃料タンクの中にあるものがあります。私のジムニーは燃圧機器がタンクの中にあります。そこでジムニーのガソリンタンクから燃料ポンプを摘出しました。DSC02692e (1)
このポンプをモーガンのガソリンタンクの中にいれます。モーガンのガソリンタンクを取り出すにはまずガソリンを抜きます。
DSC02692e (3)
モーガンのガソリンタンクを外すにはリアホーシングを外さなくてはとれません。
DSC02692e (15)
かなり大掛かりになるので手っ取り早く床板をはぎます。電動ノコギリで床板をカット。
DSC02692e (25)
やっと燃料タンクを取り出しました。
DSC02692e (32)
DSC02692v).jpg
これにジムニーの燃料ポンプを取り付けるために穴をあけたりまだまだやることは多い。

PageTop

オースチン10

友人が新しく手に入れたオースチン10で我が家に来てくれました。自動車趣味人の究極は戦前の車に乗ることです。
近所の日本一の自動車趣味人である故小林彰太郎氏は戦前のオースチン7、ライレー、ランチアラムダをもっていました。
DSC02658a.jpg
大きさは軽自動車くらいです。リアビューが素敵です。
DSC026571s.jpg
リアに荷物を乗せる台があります。
DSC02664e.jpg
勿論ウインカーはアポロです。
DSC02653d.jpg
ノンシンクロミッションは運転にテクニックがいります。
DSC02655s.jpg
1100ccの4気筒エンジンは非力です。
DSC02648r.jpg
無事に駒沢通りを帰っていきました。
DSC02666f.jpg

PageTop

クラッシク ポルシェレース

古いポルシェのレースを見に袖ケ浦へ。レースは午前中だけなのでアクアラインもすいている時に東京に帰れます。
レースは356クラス、ナロークラス、930/964クラスと空冷のみです。
DSC02400q.jpg
まずは930/964クラス。早いです。
DSC02446w.jpg
ナロークラスは台数も多いです。
DSC02523s.jpg
一番恰好が良い911です。
DSC02457e.jpg
見たかった356クラスです。チューニングカーはコーナーでも安定しています。
DSC02536s.jpg
356はホイルベースも短いのでスピンし易いです。
DSC02534d.jpg
先頭を走る356は911の6発がのっています。
DSC02490f.jpg
これは3.6Lです。よくこのエンジンが入りましたね。
DSC02422f.jpg
904はいつ見ても60年代のレースを思い出させます。
DSC02456.jpg
このレースは今年から年4回になりました。
DSC02553h.jpg

PageTop

花見

肩が痛いのでお花見に行ってきました。30分、自転車に乗って目黒川へ。DSC026131.jpg
人人人でした。
DSC02616.jpg

DSC026061.jpg
赤い橋もありました。
DSC025971.jpg
近所の呑川へも。この川は桜新町から日体大の下を通り都立大駅前から東工大の構内を通り蒲田へ。桜並木も10Kmにおよびます。隠れた都内有数の桜の名所です。
DSC026441.jpg
DSC026451.jpg

PageTop

モーガンノエンジン移植⑱

右肩が痛くてモーガンの改造仕事がはかどりません。医者に週に2度、リハビリを兼ねてスポーツクラブへ週2度通っています。泳げないのでスキンダイビングに変えました。手は殆ど使わずに泳げます。手が痛いのに板金仕事です。ミッションカバーができました。
DSC02396.jpg
カバーの取り付け、右側。足元がケータハム7並みに狭いです。
DSC026321.jpg
左側は広く快適です。
DSC026301.jpg
メーターを取り付けるためのステーを再製作
DSC02391we.jpg
メーターが付きました。
DSC0262911.jpg
ダッシュボードの製作です。2.5mmの厚いアルミ板の加工は難しいです。板をバーナーであぶって柔らかくしてもたたくとわれます。
DSC026411.jpg
こんなダッシュになりました。
DSC026401.jpg
これも又取り付けます。
DSC025741.jpg

PageTop