ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

モーガンノエンジン移植⑨

モーガンにジムニーのプロペラシャフトを付けるにはモーガンのプロペラシャフトのネジ穴のPCDを変えなくてはなりません。
外注に出せば数万円の出費ですみます。ジムニーのセンターデフを見ていたらプロペラシャフトのフランジが2枚ついていました。そこでこれを利用しようとセンターデフを分解してフランジ2枚とスプラインのついたシャフトを摘出。
DSC01952.jpg
これを利用してPCD変換アダプターを作りました。
DSC01955.jpg
そしてモーガンのデフにアダプターを取り付けました。
DSC01957.jpg
これにプロペラシャフトのヨークを付けてプロペラシャフトの長さが確定させます。
DSC01961.jpg

スポンサーサイト

PageTop

有明会2016年1月

久しぶりの有明会です。天気もよくTSOCはヨタ8が8台、ヨタ2が1台、911が2台、その他2台です。DSC0189911.jpg
前にのっていた356と同じ356が来ていました。かなり良い感じでよれています。年式相応は良いです。
DSC0190611.jpg
主催者のトライアンフクラブからたくさんのトライアンフが参加していました。
DSC0191111.jpg
有明会が終わった午後、Tさんがポルシェから乗り換えてメッサーシュミットで我が家に来訪、モーガンの進捗を見てもらいました。
DSC0192511.jpg
帰りにメッサーのバッテリーがあがり押しかけでエンジンをかけました。その時ちょっと股関節をいためましたが3日で全快しました。これでやっと泳げる。
DSC01926.jpg

PageTop

モーガンのエンジン移植⑧

ジムニーの電気系統を使用するにはハンドルポストをジムニーにしないと大変なことになるのでモーガンのステアリングポストからジムニーのステアリングポストに変更します。
DSC01880.jpg
後方のステーは平たい鉄板で簡単に作れますが前部は3次元の角度がついたステーでボディーについています。そのためステーをダミーで作ります。
DSC01867.jpg
これを元に厚い鉄板で本物を作りました。
DSC01879.jpg
これをハンドルポストの前部に取り付けます。
DSC01882.jpg
そしてこれらを室内に取り付けます。
DSC0188911.jpg
これでハンドルがつけられます。
DSC01886.jpg
ジムニーのハンドルシャフトとモーガンのシャフトをつなぐ部品はセレーションのついた物でなければ車検に合格しないので、この部品は外注します。
DSC01883.jpg

PageTop

モーガンのエンジン移植⑥

昨年最後の改造はペダルです。
アクセルペダルとアクセルワイヤーは奇跡的にモーガンとジムニーが合致、小改造ですみました。DSC0178111.jpg
ブレーキペダルは今回、AT仕様なのでペダルの位置と大きさを変更。
ペダルと台座を製作。かなり複雑な袋物。
DSC01783.jpg
これを取り付けます。まだアクセルペダルとブレーキペダルが近いです。もうちょっと広げたほうがよいです。
DSC0179311.jpg

PageTop

明けましておめでとうございます。

2016年 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします
DSC00977.jpg

PageTop