ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

トヨタスポーツ800の生産台数

最近、友人にヨタ8の生産台数について聞かれました。スーパーCG32号で関東自動車に勤めていた菅原留意氏が書かれた文章にも3000台前後となっていました。
DSC083361.jpg
私は1995年9月15日にヨタ8生誕30周年が関東自動車東富士本社で開催され、その席上、関東自動車役員からTSOCの会員に正式発表された数字しか知りません。
DSC083331.jpg
総生産台数:3058台、  2台が試作車,  国内: 2628台  輸出: 428台 RHD:138台

昭和39年: 110台
昭和40年: 1291台
昭和41年: 601台
昭和42年: 29台
合計: 2031台
以上、田浦工場製。これらはよりハンドメイド車に近いヨタ8です。昔の人は田浦製を好みました。
昭和42年: 426台
昭和43年: 434台
昭和44年: 167台
合計: 1027台
以上、東富士工場製。 溶接機器、塗装機器、治具、工具がよくなり、ヨタ8の製作精度も上がってきました。
これに反し、100以上のボディパネルの金型が後になるほど崩れてきたので後期のヨタ8は初期車のエッジのきいたシャープさは失われたと担当者が言っていました。人間も同じで初期型は少女、後期型は熟女ですね。
現存するヨタ8の殆どは再塗装されているので、年式より板金屋の仕上げによって車の形が決まってきているようです。
DSC083311.jpg

スポンサーサイト

PageTop

トヨタスポーツ800カローラ

トヨタスポーツ800生誕50周年の記念講演でトムス社長の大岩氏がカローラのエンジンを積んだヨタ8について話していました。
DSC077541.jpg
そこで古いアルバムを見ていたらFISCOで撮った写真がでてきました。この車はグランチャンの前座レースに出ていた何でもありのレーシングカーです。大岩氏の車かは不明です。これでフェアレディを追いかけるのですからポテンシャルは高いです。
DSC08293.jpg
DSC08294.jpg
エンジンはかなり後退してのせられています。
DSC082921.jpg
これは平凡パンチの写真です。
DSC08298.jpg
私の友人の英国人のカローラエンジンを積んだヨタ8です。これは詳細な写真がみつかれば又、紹介します。
DSC083001.jpg

PageTop

トヨタスポーツ800ガスタービン

古い写真を整理していたらトヨタスポーツ800のガスタービン車の写真が出てきました。1987年のトヨタ自動車東富士研究所のパンフレットがありました。DSC08309.jpg
その中にヨタ8のガスタービン車の開発をしている写真がありました。
DSC0830811.jpg
ガスタービン車はガスタービンで電気を発生させそれでモーターを回して走るシステムです。ガスタービンの燃料はジェット機と同じように石油でOKです。
ヨタ8のフロントにはエアーダクトが追加されています。
DSC0830211.jpg
メーターパネルにはタービンの回転系がありました。
DSC0830311.jpg
エンジンルームにはフレームに補強が、配線も太いラインがあります。
DSC083041.jpg
ガスタービンは超でかいです。
DSC0830711.jpg
ものにはならなかったようですがヨタ8のポテンシャルは示せたようです。

PageTop

モーガンの幌

ボッシュの新品リレーが手に入ったのでモーガンを少しいじりました。DSC08150.jpg
モーガンの幌は冬になると張れません。暑くなってきたので1年ぶりにモーガンに幌をかけました。
DSC08156.jpg
何とか張れました。
DSC081571.jpg
幌を張るとかなりの閉塞感があります。
DSC08161.jpg
代官山のTサイトへ。
DSC08270.jpg
幌を張るとクラッシックな車になります。
DSC08271.jpg

PageTop

TSOC6月ツーリング

朝、神宮外苑に行くと3台のメンバーのみ。天気予報だと曇り。7時20分に出発。DSC082041.jpg
新宿から原宿、表参道では豪雨。
DSC082111.jpg
南青山のデニーズで雨宿り、9時には雨も上がりショートカットでお台場へ。
DSC082161.jpg
若洲公園に着くと仲間たちがいました。ここで有明会に合流。
DSC082281.jpg
雨もあがりオープンカーが集まり始めました。
DSC082481.jpg
綺麗な内装の英国車2台。
DSC082341.jpg
DSC082361.jpg
11時になるとどんどん車が集まってきました。
DSC08260.jpg
とりあえず盛況。

PageTop

アイシン精機

アイシン精機から株主総会の小冊子がきました。アイシン精機はトヨタ車のミッションやブレーキを作っています。有名外車のミッションもアイシン精機製です。DSC08141.jpg
小冊子を読むとアイシン精機はヨタ8と同じ、今年、50周年をむかえました。50年前、アイシン精機は愛知工業と新川工業が合併してできた会社です。
DSC081431.jpg
アイシン精機となって初めての部品が1965年製の車となるとヨタ8はアイシン精機の初めての車かもしれません。小冊子にもヨタ8のことを言及しています。
DSC08142.jpg

PageTop

モーガン故障

モーガンで銀座へ。DSC06218.jpg
お茶をしての帰り、中目黒からすこし上がった蛇崩れでモーガンがストップ。
DSC06223.jpg
モーガンは保険会社が呼んでくれたセルフローダーで我家のガレージまで運んでもらいました。
DSC06229.jpg
大学時代の友人H氏は電気関係が得意でアマチュア無線で有名なひとです。手が空いたのでモーガンを直してもらうようにたのみました。モーガンの電気配線図は本社にもありません。私のモーガンはフオードモンデオのエンジンが載っています。ネットで簡単な図面を入手。友人にこれを見せたところすぐにリレーが悪いことを予想。
DSC08119.jpg
早速、4個のすべてのリレーを分解しました。1個の電気のパワーリレーのコイルが断線。髪の毛よりちょっと太い銅線です。これを繋ぐ細い電線はもっていません。そこでネットの電話線を使い修理。
DSC08111.jpg
このリレーを元に戻したところ見事にエンジンはかかりました。試走も順調DSC08117.jpg
DSC08107.jpg
モーガンはリレーがばらばらに配置してあります。修理してもらう友人が乗ってきたポルシェ911はリレーBoxがあります。これは直しやすい。
DSC08112.jpg
電気関係が復帰、これでやっとOBDIIのコードリーダーで故障箇所がわかるようになります。DSC081141.jpg

PageTop

ヨタ8のミニカー

ヨタ8はフォルムがかわいいのでミニカーが沢山販売されました。多分、100種類以上あります。これにプラモやラジコンがあります。
私はちいさなミニカーがすきなのでこれらをコレクションしています。DSC079611.jpg
いっきに9種類でたプルバックミニカーです。
DSC08094.jpg
リアルXの日本GP仕様です。
DSC079711.jpg
船橋CCCJの浮谷東次郎仕様ですが会社によってかなり違います
DSC079721.jpg
スクラッチ然としたパブリカスポーツです。
DSC079681.jpg
同じメーカーの日本GP仕様です。
DSC079671.jpg
ゲームセンターでゲットした1/87のミニカーです。
DSC08097.jpg

PageTop