ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

走り納め

今年も最後の日、今年買った2台の旧車を走らせました。まずは赤ヨタ2号、いつもの多摩堤通りを。川沿いなので気持ちが良いです。DSC051802.jpg
そして田園調布の山の中へ、ヨタ8がこんなに丸いとは、まるでアバルトレコルトモンツアみたいです。DSC051821.jpg
車をモーガンに乗り換えて白金のお寺でお墓の掃除に。走り足りないので皇居へ。DSC052031.jpg
そして銀座へ、みゆき通りの角へ駐車、ホンダNで走った60年代に戻った感じがしました。DSC052121.jpg
帰りに表参道に、もう新年の装い、日の丸が目にしみる。今年も終わりかDSC052141.jpg
途中、寄った本屋でホンダS660の記事が、来年はどれか1台を売ってS660を購入する衝動にかられました。62-600x367.jpg

スポンサーサイト

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑬

最後はブレーキです。フロントは問題ありません。ホイールシリンダーの増す締め位です。DSC050941.jpg
リアの左のドラムを開けたらな、なんとライニングがブレーキシューからはがれて遊んでいました。早速部品交換DSC051011.jpg
右はOKです。DSC05109.jpg
一月ぶりにヨタ8は地上に降りました。DSC050991.jpg
夕方になりましたが目黒通りの等々力から中根まで試運転、油圧が上がりません、メーターかセンサーをチェックしなくては。DSC051171.jpg
とりあえず完成、まだ20%くらいやり残しています。これで新年を迎えられます。ブログを読んでくれた皆様へ、よいお年を迎えてください。ありがとうございました。来年はヨタ8生誕50周年です。DSC05115.jpg

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑫

エンジンが組みあがったので次は電気です。まずジェネレーターのOH。DSC050771.jpg
ブラシはまだ使えそうです。ロータのアマチュアを掃除
DSC050811.jpg
レギュレーターの配線も作り直し。DSC050861.jpg
エンジン、DSC050901.jpg
ミッションオイルの交換。

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑪

今年も残るところあと1週間です。急いでエンジンを組み立てます。コンロッドをつけたらシリンダー、ヘッドとつけていきます。DSC05012.jpg
フロントカバーはナットを締め付ける順序があります。DSC050721.jpg
トルクを一定にしてナットを締めます。DSC050711.jpg
初期のヨタ8はヘッドのエキゾースト側のナットはアルミ製です。飛行機みたい。DSC050751.jpg
油圧が上がらなかったのでオイルポンプも丹念にチェックDSC050671.jpg

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑩

やっとエンジンのOHにとりかかりました。まずはサービスホールをはずします。エンジンが見えます。DSC049701.jpg
ヘッドカバーをはずすとシリンダーヘッドが見えます。50年前にバルブアジャスターをつかっています。ロカーアームもシンプルです。DSC049801.jpg
ヘッドをはずすとピストンが見えます。DSC049781.jpg
このエンジンはアイドリングで1,8Kしか油圧が無かったのでこんロッドメタルと油圧系をみます。2Uエンジンはエンジンを降ろさなくてもコンロッドメタルを交換できます。コンロッドをはずすとき上側のボルトをはずしたらそこに針金を入れてキャップがクランクケースに落ちないようにします。DSC04995.jpg
これですべてはずれます。そしてメタルのチェック。メタルはスタンダードでした。メタルが一部銅色をしていました。DSC050061.jpg
メタルに筋が入っています。DSC05008.jpg

PageTop

ワンダーランド2014年冬

横浜で行われたワンダーランドに出店してきました。今回の目玉はヴィンテージトミカのオークションです。DSC04965.jpg
グリコのおまけも売っていました。DSC049601.jpg
モデルカーの編集長のチンクが展示されていました。DSC049691.jpg
ユーノスを利用したトヨ2に注目です。DSC049661.jpg
トヨ2に似ていますDSC04955.jpg

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑨

買った時、ホイールはミニエースのきれいなホイールが付いていました。ホイールを共販から買うと黒い色が塗っています。
足元が暗いと車が地味にみえます。DSC047691.jpg
そこでホイールを銀色に塗ります。DSC04776.jpg
銀色のホイールを付けると車も引き立ちます。DSC047661.jpg
丁度、ホイールがミニエース用なのでミニエースのホイールキャップをつけました。60年代のロータスエランS1,ヒーレースプライト、ホンダS,ポルシェ356Aなどは皆、ホイールセンターに小さなキャップがついていました。DSC047971.jpg
ヨタ8がよりレトロぽくなりました。雰囲気も最高です。DSC047721.jpg
まだ、エンジン、電気、ブレーキが残っています。あと2週間か!できるかな

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑧

赤ヨタ2号のレストアも佳境をむかえました。外観をすこしコスメティックをします。
リアのマフラーカッターが付いていません。DSC049211.jpg
在庫のマフラーカッターを付けます。リアがすこし華やかになりました。DSC049251.jpg
前のナンバープレートがボデーに直付けされています。これではナンバーが読めませんDSC049171.jpg
そこで0.8mmの鉄板からステーを切り出します。DSC049151.jpg
リブもたたきます。DSC04916.jpg
出来上がったので付けてみます。やっとナンバーが読めるようになりました。DSC049191.jpg

PageTop

赤ヨタ2号ノレストア⑦

エンジンが載り試運転に出かけようとしましたがアクセルペダルの動きが悪いです。レバーを取り外しました。DSC048031.jpg
先端のローラーを取り外しました。変に削れていました。DSC04926.jpg
鉄板からローラーを削りだします。DSC04927.jpg
ローラーをレバーに取り付けて完成。DSC04928.jpg

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑥

クラッチのラジアルボールから音がでているのでそれを交換します。これはエンジンを降ろさないと交換できないので手がかかります。クラッチ、クラッチカバーのレバー、ラジアルボールを揃えました。DSC046151.jpg
そしてエンジンを持ち上げます。DSC046111.jpg
ラジアルボールを取り外します。DSC046141.jpg
やっぱりだめでした。DSC0461911.jpg
万力でハブにラジアルボールを押し込みます。DSC0462111.jpg
クラッチも見ましたがまだ使えそうです。DSC04623.jpg
トルクレンチでカバーを留めます。大アル式のトルクレンチはボルトを緩めるときのトルクもよめます。DSC0462611.jpg
エンジンを戻します。DSC046281.jpg

PageTop

クリスマスイルミネーション

中目黒の目黒川沿いに青色LEDのイルミネーションがついたので見にいきました。DSC04846.jpg
川面にもLEDを照らしていますDSC048451.jpg
この後、表参道に、LEDは白色でした。あまりインパクトがありません。DSC04860.jpg
次に六本木ミッドタウンに。道路から見難いですDSC04867.jpg
最後に六本木ヒルズに。東京タワーもクリスマスイルミネーションをしていました。DSC04880.jpg
2時間で楽しめました。

PageTop

赤ヨタ2号のレストア⑤

これで乗れるとエンジンをかけるとアイドリングが高い。2000回転くらい。1000回転に下げるとエンジンが異様に揺れます。そこでマウントを全部取り替えます。DSC042381.jpg
取り替えると1000回転でアイドリングします。DSC04909.jpg

PageTop

このヨタ8のドアキーが左右とも壊れています。そこでロックAssyを分解します。まずは運転席、キーシリンダーが前期のものとも違います。DSC048931.jpg
無理やりシリンダーにキーを入れてシリンダーの出っ張りをヤスリを削ります。DSC048961.jpg
新品のダストカバーをつけて完成です。DSC048971.jpg
ドアトリムも新品にして組み立てます。DSC049031.jpg
助手席側のキーシリンダーは前期型でした。手持ちの新品と交換DSC037991.jpg
ドアハンドルのピンも作りました。DSC038031.jpg
ドア内張りのトリムもつけますDSC038121.jpg
ボルトも正規のものにDSC038061.jpg
これで乗れます。

PageTop

赤ヨタ2号のレストア③

スペアタイヤが付いていなかったのでホイールを購入。近所のイエローハットでタイヤを入れてもらいました。DSC039291.jpg
スペアタイヤを裏返しに入れると荷物室が広がります。タイヤホルダーを製作。DSC045721.jpg
これでスペアタイヤがトランクで踊りませんDSC04524.jpg

PageTop

赤ヨタ2号レストア②

助手席にはシートレールがありません。ホンダビートのレース用バケットシートのレールを購入DSC04521.jpg
そして縦横31.5 Cmにシートレールがくるように幅5 Cm,縦3 Cm 縮めます。上側にナット、下側にボルトを溶接。これで出来上がりです。DSC04523.jpg
座面が10mm上がりますが問題はありません。
シートベルトが付いたのでガソリンスタンドへ、ガソリンを入れたらじゃぼじゃぼ漏ります。家に帰って新品のタンクホースに変更。DSC045741.jpg


PageTop

赤ヨタ2号のレストア①

親戚が2015年に乗りたいと言うことで赤いヨタ8を購入。移転登録をした後でほっぽリ投げて置きましたが2015年まであと1ヶ月。このヨタ8は待ち乗りする備品が付いていません。不具合箇所も10箇所ではききません。この難問を1ヶ月で完成させなければ。DSC047691.jpg
先ずはシートベルト。運転席にアンカーボルトのみ。早速、ポルシェ356用の汎用2点式のシートベルトを購入。DSC042371.jpg
アンカーボルトをただ付けるととのーカバーにあたるのでスペーサーを作ります。DSC045801.jpg
あとは取り付けます。DSC045841.jpg
助手席は飛行機用の軽量フック式の2点シートベルトに。アンカーボルトはウイランズ製、格好いいです。DSC047931.jpg
フックはアルミ製です。DSC047861.jpg

PageTop

SHCC大磯ジムカーナ

久しぶりに大磯に行ってきました。今回のジムカーナの主題は国産車だそうです。エントリーは100台を超えました。半分以上はミニとケータハム7です。まずはリジェンドドライバーの挨拶。DSC046981.jpg
次にハコスカマイスターの久保田氏によるデモ走行。DSC047311.jpg
パドックは大混雑、ホンダ系はTNトラックもDSC046881.jpg
ニッサンはSRが沢山参加していました。DSC046901.jpg今回初めてFLが6台参加、2サイクルの軽い排気音は好きです。4サイクルは1台のみDSC047381.jpg
ノーチラスのFLみたいなカスタムは速かったです。DSC047571.jpg
フロンテはミドシップエンジンに改造DSC047361.jpg
こんな大排気量の車もDSC047261.jpg
フィアット500がこんなに速くはしれるとは。DSC047281.jpg
駐車場に停めたコペンの隣に白ナンバーのAZ1がDSC047421.jpg
スペアタイヤを前に積んだアバルトOTは珍しい。DSC046501.jpg
Eタイプは美しいDSC047451.jpg
ロンバルディもDSC047411.jpg
とにかく良い天気でした。

PageTop

トヨタクラシックカーフェスティバル2014

神宮外苑が銀杏で染まる日、TCCFが始まります。DSC045271.jpg
今年は博物館から展示される車の台数がすくなく飾りも少ないですDSC045541.jpg
ヨタ8は2台参加、S先生のアルミノーズのヨタ8はピカピカDSC04534.jpg
知り合いのヨタ8もエントリーDSC04536.jpg
兄弟車のUP20もDSC04535.jpg
いい雰囲気のXK120は英国のジェントルマンらしいDSC045461.jpg
MGAの2タイプ、ロードスターとFHCDSC045561.jpg
よく映画に出てくるファッセルベガファッセリア、昔、山田輪盛館のショールームに飾られていました。ホイールもボディーと同色DSC045391.jpg
戦前の車は少ないDSC045411.jpg
全体に車の台数は少なく、アウトスタンディングな車は見られませんでした。この後、銀座をパレードです。DSC04553.jpg

PageTop