ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

裾野ミーティング2014秋

裾野ミーティングはヨタ8のオフ会のなかで世界最大のギャザリングです。
26日の朝東名で1928年くらいのフオードA型のHotrodをみました。DSC04997.jpg
多分こんな車です。rightfront.jpg
今回41台のヨタ8が集合、生産台数の1%を超えています。もし、残存台数が1000台ならば4%とすごい数字です。DSC036831.jpg
DSC03726.jpg
クランクロッドでエンジンがかかるように改造した人もDSC037061.jpg
どの車もどんどんきれいになっています。DSC037501.jpg
私の車は相変わらずDSC037591.jpg
今回の白眉は66年型を新車と同じようにレストアした車です。アンテナの位置もあっています。DSC036791.jpg
10穴のホイールキャップ、当時のタイヤだそうです。DSC036801.jpg
改造部門の優勝者は15インチのタイヤ、外付けのオイルクーラー、エアコン等々。DSC037371.jpg
これで香川からきました。ヨタ8はほかの車と違っていじれるから好きですDSC037381.jpg
春のK4GPに出るそうですDSC03699.jpg

スポンサーサイト

PageTop

モータスポーツジャパン外側

MSJは会場内と会場外があります。会場外ではクラッシクカー、ラリーレプリカ車、K4GPの出場車の展示があります。今回、MID4の展示がありました。NSXと同じ形態ながらずいぶん違った車になりました。DSC03547.jpg
クラッシクカー部門はあまり気になる車はありませんでした。DSC03565.jpg
興味をひいたのは私も参戦しているK4GPのレースカー達です。まずは富士スピードウエイを2分で走る子紫電。DSC03546.jpg
サラティーポ号DSC03556.jpg
GT35DSC03538.jpg
コペンの専門ショップ、マーシャンクレートはコペンで出場している者にとっては興味があります。DSC03578.jpg
コペンの軽量化もここまでくると。DSC03543.jpg
ラリーカーも健在DSC03532.jpg
DSC03534.jpg
DSC03530.jpg

PageTop

モータースポーツジャパン内側

MSJへ行ってきました。お台場、フジTVのそばの駐車場。いつもと同じです。ホンダは3台のマクラレンF1を並べ、12気筒の音をきかせますDSC03622.jpg
ニッサンはSGTがメインですDSC03522.jpg
トヨタはHVとスーパフォーミュラーです。DSC03518.jpg
三菱はパイクスピードのアイミーブDSC03624.jpg
スバルはニュル24時間インプレッサDSC03520.jpg
マツダはストックカーのようなアテンザです。DSC03515.jpg
一番元気だったのは日野。今回、世界で一番過酷なラリーに挑戦している世界最年長ドライバー、菅原氏も参加。2015年の抱負も話されました。DSC03606.jpg
日野レンジャーを狭いコースでタイヤを鳴らせながら走行、砂漠のチェックポイントのむずかしさなどを説明してくれました。DSC03634.jpg
こんな迫力見たことがない。DSC03631.jpg

PageTop

紅葉を求めて

あちこち回ってきました。DSC049201.jpg
八ヶ岳はもう紅葉DSC034981.jpg
DSC034871.jpg
雨でしたDSC049441.jpg
珍しいヨタ8を見てきました。DSC049581.jpg
DSC049591.jpg

PageTop

HCC

久しぶりにHCCへ。天気がよかったせいか大黒埠頭は満杯。HCCは外車ばかりなのでモーガンで参加。DSC034621.jpg
私のモーガンよりも30年前のモーガンに遭遇、外観は同じです。DSC034631.jpg
国産車はまれ。DSC034811.jpg
見慣れぬ車もDSC034761.jpg
DSC034841.jpg
有明会でよく会うロータスエランさんはエリーゼを追加したそうです。DSC034801.jpg

PageTop

リシャールボックス

リシャールボックスを知っていますか。50CmX30CmX20Cmくらいの箱のなかに1/24のモデルカーを入れてその車に関する500ピース以上のグッズをいれてまるでガレージみたいなジオラマです。DSC032701.jpg
昔、南仏のエズ(鷹巣村)で見たことがあります。全部、オリジナルで20万円位からでカスタムメイドも受け付けてくれます。DSC034261.jpg
ホンダS800のものもあったみたいです。DSC034271.jpg

PageTop

ラフェスタミレミリア

ミレミリアが始まりました。第一チェックポイントの代官山Tサイトに行ってきました。玄関にはベンツとロールスが飾ってありました。DSC034251.jpg
ここはチェックポイントの中でも一番華やかな所で赤い絨毯がひいてありました。DSC032781.jpg
皆、3けたナンバー。DSC032921.jpg
今回は初めての参加者が多かったみたいです。戦前の車がおおくなったことは歓迎です。60年代の車で参加しても面白くないです。DSC033161.jpg
女性だけのチームも多かったです。DSC033991.jpg
いつもの堺さんも。DSC033581.jpg
特別参加で本場のミレミリア優勝者も。DSC033471.jpg
楽しめました。DSC03408.jpg

PageTop

モーガンのレーススピリッツ

続きを読む

PageTop

ヨタ8、50周年記念行事①

2015年4月にヨタ8が生誕して50周年になります。これを記念して色々なイベントが計画されています。10月12日に50周年協議会より発表されました。メインのイベントは5月9日、トヨタ博物館、5月10日、メガウエーブです。サブは10月のWECや地方のスモールパーティです。フライヤーもできました。DSC03264.jpg
この予行演習として12日のWECでヨタ8の展示、興味がある人への説明、撮影会がおこなわれました。FIAの規定により説明者の統一された洋服も作りました。若いボランティアも手伝ってくれました。20141012_094205 (800x450)
DSC032501.jpg
何故WEC、それはヨタ8が耐久レースで良い成績をあげたためにWECのレース形態と一致したからです。ここではトヨタの最初のスポーツカーヨタ8とトヨタの最新のスポーツカーTS040が同時に見られます。ヨタ8は国内のみで売られたスポーツカーなのでF1に順ずる国際格式のレースでブースを作り世界にヨタ8を知らせたいという意図もありました。DSC03117.jpg
WECはトヨタTS040が1、2位とルマンの雪辱をはたしました。3位はポルシェでした。F1なみの速さとおおきな爆音はF1よりすごいです。DSC031931.jpg
途中でルノーが燃えたりしましたが040は危なげなく優勝。DSC301111.jpg
DSC032611.jpg
とりあえず予行演習は大盛況でした。DSC031301.jpg

PageTop

トラブル続きの車検

10月1日、鮫洲へ車検に、朝みたTVのうらないでは最悪の星。環七に入ると雨が降ってきました。あれ、ワイパーが動かない。とりあえず車検場にパークしました。DSC03079.jpg
55964円を払い書類をつくりました。ヒューズブロックから12Vの線を出しワイパーモータの+に繋ぎワイパーはいきかえりました。DSC030891.jpg
検査ラインに入ったらランプ類が点きません、これではスピード計測もアウト。受かったのはブレーキと下回りのみ。サイドスリップはインに6と、5以下でないと合格しません。排ガスはHCが1500と1200以下になりません。DSC030831.jpg
車検屋さんでサイドスリップの調整、ランプを点灯させ調整、HCを下げるためアイドリングをあげます。これで2回目のチャレンジ。DSC030821.jpg
今度はライト、サイドスリップ、HCがだめです。車検屋さんがラインを変えたらとアドバイスをもらい3番目のラインに入りました。全部合格、私が良く使う7番目のラインと車検屋さんの計測機器の相性があいません。1111111.jpg

PageTop