ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

自動車火災

環8尾山台で軽自動車が燃えていました。丁度通りがかりました。
DSC07298.jpg

スポンサーサイト

PageTop

台風前の葉山マリーナへ

8月最後の31日、台風が近づいているのでヨットを見てきました。ほとんどの係留しているヨットは陸に上がってポンツーはガラガラです。
DSC07291.jpg
陸の駐船場は満タンです。
DSC07290.jpg
われわれのように設備の整っていないハーバーに係留してあるヨットはでは台風でもおきっぱです。
DSC07297.jpg

PageTop

ヴィンテージモールトン

ヴィンテージモールトンのフレームを手にいれました。これをどのように改造するか熟慮しています。多分、リアのトレーリングアームを135mmに拡幅し、8速のカセットを入れたり、尻尾を切ったりするようになるでしょう。リベット止めの初期型です。
DSC07277.jpg

PageTop

8月最後の日曜日

8月28日は東京で色々な催し物がありました。一番近い原宿へ行き、スーパーよさこいを見てきました。
DSC07269.jpg
暑いのに着物をきて踊ります。
DSC07258.jpg
旗を振る人も汗だくだくです。
DSC07254.jpg

PageTop

フィアット500

最近、フィアット500フェラーリトリビュートを見るようになりました。フィアット500で500万円。値段の割りにインパクトはありません。
DSC07239.jpg
中古車屋で見かけたランサーです。買いたくなりました。
DSC07241.jpg

PageTop

17インチモールトンF型

モールトンF型自転車の最高峰はスピード6です。タイヤがノーマルより1インチ大きいです。ノーマルを1インチアップすると5万円以上かかります。安くこれと同じ乗り心地にするにはBD-1などのHE18インチホイールに太いタイヤにすればモールトンのWO17インチと同じ大きさになります。
DSC07221.jpg
自転車のホイールには2重構造のHEタイプと1重構造のWOがあってインチの大きさが違い、気を付けないとタイヤが入りません
DSC07217.jpg

PageTop

コクリコ坂から

横浜、山手の坂を舞台にしたアニメ映画コクリコ坂からが話題を呼んでいます。
DSC07202.jpg
行ってきました。この坂道はまるでパリのモンマルトルの丘みたいです。
DSC07203.jpg
元町はさしずめピガールですね。
DSC07200.jpg

PageTop

キャリパープレート

ヨタ8を乗っていてブレーキを踏むとごろごろ音がでます。分解して調べたらキャリパープレートのボルトが緩んでいました。プレートにタップをたてたのですが穴がちょっと斜めだったのでもう一度あけなおしました。これがいけませんでした。しょうがないのでもう一度作り直しです。
DSC07198.jpg
やっと付け替えました。
DSC07199.jpg

PageTop

軽量コペン

k4GPでコペンの燃料の悪さにはへきへきですが、コペンにも軽量なコペンも存在します。屋根がオートマで閉まったりする装置や後ろの3角窓もないコペンです。このコペンならリッターあたり2~3Kmは伸びるでしょう。
DSC07214.jpg

PageTop

2011年8月16日12時

人がいない。普段はサラリーマンであふれている渋谷の裏通り、人影は見かけません。東京から人がいなくなった。昼の12時です。
DSC07173.jpg

PageTop

TSOC夏

TSOC夏のミーティングは銀座5丁目のライオンビアホールで行われました。ブーメランで製作中のプロジェクトの話や2013年7月にバブルカーでベルギー~イタリア~ベルギー3000Kmを走るラリーへの参加のことなど話題はあちこちに。
DSC07165.jpg
外に出たらまだ明るく外人の増えた銀座をsんぽです。
DSC07170.jpg

PageTop

8月有明会

14日は猛暑、お台場はフジTVのお台場合衆国、コミケで何万もの少女が集まっていました。船の科学館の駐車場も満車状態。旧車は夏が嫌いと見えて参加台数も30台くらい、ヨタ8はディスクブレーキのテストを兼ねて参加。DSC07155.jpg
やっと出来上がったヘッドライトカバーが付いたスプライトを見せてもらいました。紹介したプラスティク加工業者の腕はますます上がっています。スプライトがジャグアETypeみたいです。
DSC07151.jpg
syズキの軽のエアコンが付いたトヨ2も参加
DSC07153.jpg

PageTop

アバクロ

銀座5丁目にあるアメリカ系の衣料品店アバクロは色々、奇抜なことをやります。
DSC07146.jpg
店の周りは香水の匂いガプンプン、なかは暗く、音楽の音も大きく。渋谷のクラブ状態、上半身裸の腹筋マンが女性と写真を撮ってくれるサービス、店員はハーフのモデル。店内の画は男男。
DSC07145.jpg

PageTop

アバルトではなくアダルト

K4GPは大人の遊びです。勝敗をこだわるより遊びを見つけます。常連の遊び人はアバルトではなくアダルトです。
DSC00101.jpg
ステッカーがこれを見事にあらわしています。
DSC00102.jpg
安藤さんが持ちこんだフルカーボンのカプチはいくら掛かっているのでしょう。ガラスも新調、数千万円かけるとは!!
DSC00181.jpg
リアビューも安藤さんらしいです。遊んでいますね。
DSC00180.jpg

PageTop

今年もすごい車が

今年の富士500Kmにすごい車が出場しました。久々の備長炭です。
DSC00096.jpg
グランチャンの生き残りロータリーエンジンが吠えていました。
DSC07119.jpg
スーパーGTのチームがオーガナイズする子紫電Rはコースレコードを狙っていました。
DSC07099.jpg
R382もはやそうです。
DSC00091.jpg

PageTop

K4GPヨタ8

K4GP富士1000Kmレースの練習に来ていたヨタ8オーナーの川崎さんと話ました。エンジンをOHしたので今年はOKですが4速ギアが富士には合わないとか。
DSC00099.jpg
Sタイヤでなくても快調に練習走行をしていました。ここを1000Km走るとジムカーナや筑波は走れないとか言うドライバーがいました。満足度が違いすぎる!
DSC00152.jpg

PageTop

やっとフィニッシュ

6時に2人で500Km、5時間を走りきりフィニッシュです。炎天下疲れました。
DSC07133.jpg
この車で言えまで渋滞の中帰ります。エアクールの夏は終わりました。楽しかったです。コカコーラコーナー、ネッツコーナーも思う存分走れました。燃費を気にしなくてストレートも170Kmで走りました。
DSC07094.jpg

PageTop

K4GP途中経過

5時間を45Lで走りきらねばなりません。コペンは全開で走るとLター6Kmです。全開で走ってピットで休むという作戦です。だらだら走っても面白くありません。
DSC07117.jpg
隣のコペンは燃費を考えながらの走行です。
DSC07105.jpg
富士スピードウエイはランオフエリアが広いのでオーバースピードでもOKです、でもひっくり返った車もいました。高速コースなのでちょっとした事で大惨事です。
DSC07103.jpg
途中ガソリン補給も、スピード制限が30Kmです。DSC00076.jpg

PageTop

K4GP富士500Km

8月11日に行われたK4GP富士500Km耐久レースに参加してきました。8月12日には富士1000Kmがありますが参加台数が138台、2人では体が持ちません、富士スピードウエイのコース幅が広いといってもコーナーに3台で入っていくのは怖いです。故に500Kmを選びました。朝4時に家をコペンとフリードで出発、御殿場ICで日の出を迎えました。
DSC07081.jpg
富士に着いたらタイヤをSタイヤに交換、ゼッケン、ポンダー、を付けコースインを待ちます。
DSC07124.jpg
スタートが1時なのにコースインが12時です。38度でレーシングスーツを着て1時間もコースにいたら気分が悪くなってきました、これは改善すべきです。ピットスタートを選びます。やっとスタート。
DSC00187.jpg

PageTop

パブリカ700

パブリカのミニカーやブリキはヨタ8より出回っています。生産台数からいえばパブリカはヨタ8の100倍以上ですからしょうがないです。
DSC07051.jpg

PageTop

ホンダS800M

酷暑の中第三京浜で見たSです。シングルナンバーの最後のSです。見る物とドライバーの間に一番差のある季節です。
DSC07072h.jpg
ついでにホンダS600を買うとデーラーからもらえたS500の玩具です。今や20万円以上します。
DSC07050.jpg

PageTop

スーパーカーの展示

ワンダーランドでJSCCのA氏が毎回展示の努力をしてくれています。今回はキャステルのスーパーカーでした。こういう催し物の花はミウラですね。
DSC07061.jpg
落ち着いたフェラーリアメリカはピニンファリナのデザインが生きています。
DSC07062.jpg
買いやすくなったフェラーリ400ですがエンジンルームを見るとヨタ8の6倍のプラグが並んでいました。
DSC07054.jpg

PageTop

第80回ワンダーランド

ワンダーランドに出店してきました。ボーナス時期ということもあり出だしは好調でしたがお客さんの財布の紐はかたかったようです。毎回、珍しい商品がでています。
DSC07055.jpg
展示の仕方もユニークです。
DSC07056.jpg
トミカのバリエーションには脱帽しました。
DSC07058.jpg

PageTop

集中豪雨

集中豪雨が報道されています。ピンポイントで強い雨が降ります。一瞬前が見えなくなります。ヨタ8のしょぼいワイパーではお手上げです。雨が降りやむと気持ちよく走れます。特に多摩川の土手は最高です。
DSC07021.jpg

PageTop

さびだらけ

60年代のアルファですがここまで錆びるのですね。
DSC07016.jpg

PageTop

アメリカントラック

最近、近所の駐車場で目立つのはアメ車のトラックです。80年代?位のトラックですが荷物を運ぶためではありません。
DSC06998.jpg
興味はないのでメーカーの名前も知りません。
DSC07017.jpg

PageTop

元町で

元町で散歩。サンセットのUさんと偶然に会えました。渋いR2はベンツより目だっていました。
DSC07010t.jpg

PageTop

エアー抜き

今回ディスクブレーキに改造してよかったのは整備性の向上です。とくにエアー抜きは本当に楽です。ドラムはバルブが片方に2個ついていて奥に隠れています。
DSC07003.jpg
ディスクはバルブが表に付いています。
DSC07002.jpg

PageTop

ディスクブレーキのフィーリング

ディスクブレーキ車を試乗するとブレーキペダルのふみしろが大きいです。ブレーキマスターシリンダーが小さいのでディスクブレーキに対応ができていません。PVバルブが無くてもOKです。
DSC07007.jpg
このようなマスターシリンダーを探さなくては。
DSC00144.jpg

PageTop

ついに完成

ディスクブレーキプロジェクトが完成しました。まずオリジナルのアップライト以外をはずします。ヨタ8の専用工具(SST)を使ったのでナックルアームはさくさく外れました。
DSC06991.jpg
ドラムブレーキは8.6Kg、ディスクアッシーは9.8Kgとディスクは1.2Kg重たくなりました。
DSC07004.jpg
色々トラブッて半日かかって付きました。ローターを削ったりキャリパープレートの肉抜きをすればドラムと同じ重さにできます。・
DSC06993.jpg

PageTop