ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

FCR

FCRキャブレターは今までのキャブレターの歴史の最後に出てきた優れものです。いまやどの車も燃料噴射、キャブなんかと言われますが、旧車のキャブは再生産はされていません、そこでバイクの流用としてFCRが出てきました。CRキャブのような使い悪さはないですがスライドバルブがかたかた音を出すのが欠点です。ヨタ8にこのFCRを点けると体感できるほどパワーが出ます。
DSC00288.jpg

スポンサーサイト

PageTop

カーボン

世の中、何が何でもカーボンの時代です。F1の車体もドライカーボン、あちこちでカーボンボデーが作られています。ヨタ8もそれに違わずありました。フルのボデーではありませんがとっても軽そうです。
DSC01092.jpg

PageTop

べレット

スカイラインやセリカと比べるとべレットは殆ど見かけなくなりました。独特なオーバルラインを持っていた個性のある車でした。特に2ドアセダンはブルーバード510の輸出仕様とよく比べられました。アメリカではBREの510は大人気ですがべレットは!! 昔、鈴木板金に勤めていた友人が福沢氏がトヨタのワークスドライバーになる前に使っていたべレット2ドアセダンに乗っていました。ノーズをオレンジ色、車体はBRG色とセンスもよく目黒通りの花形でした。
DSC01541.jpg

PageTop

70年代の車

プリンス&スカイラインムージアムで60~70年代のスカイラインを見てきました。日本の経済も上り調子で車も元気がありました。日産はコンサバな車を作っていましたがスカイラインだけはちょっと違っていました。でもエンジンやミッションは他車の流用でした。これが後にメンテが楽で旧車のスカイラインブームをつくりました。ヨタ8もパブリカの部品を流用していますが本体のパブリカの人気のなさでほとんど残っていません。部品の流用は不可能です。
DSC01546.jpg

PageTop

修理

ヨタ8が最近あちこちから異音が出てくるようになりました。暖かくなってきたので手始めにプロペラシャフトの分解とスパイダーユニオンの交換です。まず、プロペラシャフトを抜いてもミッションオイルが出ないように栓を見つけて着ました。スパイダーユニオンは共販から出ます。
DSC01525.jpg

PageTop

時間をつぶす

六本木で時間をつぶすならお勧めの場所はテレ朝の対面にあるTSUTAYA&スターバックスです。TSUTAYA
の中でコーヒーを飲みながら好きな本を読めます。自動車の洋書もあるのでこれらを読みながらすぐに1時間が過ぎました。お客さんも外人、セレブ、モデル系の女性、テレ朝から出てきた横文字系の人たち、オープンデッキで通る人を見ていると自分がパリのサンジェルマン・デ・プレに居るような気がしてきました。
DSC01481.jpg

PageTop

六本木

映画を見に六本木ヒルズのシネコンへ、時間が悪く2時間待ちに。どこで時間をつぶそうかと、ヒルズはいつもイベントをやっているのでまずは麒麟ビールから発売されるノンアルコール飲料を数種試飲、その後で足湯のサービスを受けました。これで30分はつぶれました。
DSC01472.jpg

PageTop

旧車ランキング

ノスタルジックヒーローという旧車の雑誌があります。最新号で旧車のカーオブザヒーローを選びました。第一位はヨタ8,2位はフェアレディZ,3位はスバル360でした。大体予想どうりです。生産台数からいえばヨタ8は他車の1/10にも満たないレアな車です。一般人からすれば乗った経験はありませんがよくこの車を選びましたね。
DSC01488.jpg

PageTop

EV

旧車をEVにすることがはやっています。70万円くらいでモーターと鉛電池のセットがあるそうです。2シーターでEVを作ると助士席に電池を置かなければならないので1人乗りになってしまいます。先日、読売新聞にヨタ8のEV車についての記事が載っていました。トヨタ大学校で製作した車です。20年位前、トヨタはヨタ8でタービンを乗せたHV車を作りました。今もヨタ8は役立っています。素直にすごい車だと思います。
DSC01489.jpg

PageTop

オフ会

ヨタ8のオフ会が始まったので行ってきました。第一回目から10人参加。今はやりのゆるいオフ会で参加資格、車の所有も問いません。参加者は自然とヨタ8に関したことを話しながらつながって行きます。実車を見たりオーナーと喋ることでヨタ8を買いたくなった人をたくさん知っています。ヨタ8はメリットがありすぎる車です。旧車の入門者は
最初の出会いでその車を評価します。壊れるない車が一番です。
DSC01450.jpg

PageTop

ノスタルジック③

トレードショーで人気があるのは手にとどかない超高級車か80年代の手に届く安いくるまです。パリのレトロモビルでも73年以降の部類ができたそうです。若い人にとって生活をともにしたことのない60、70年代の車に懐かしさはわきません。
DSC01320.jpg

PageTop

ノスタルジック②

旧車のトレードショーでは車体だけでなく復刻部品の販売も頻繁に行われています。特にスカイライン系が全体の80%以上を占めています。やはり商売になる車に偏るのはわかりますが残存台数が数百台のヨタ8の部品を作っても商売にならないので残っている部品が高価になります。
DSC01341.jpg

PageTop

ノスタルジック①

最近よくある旧車のトレードショーに行ってきました。旧車のなかでもヨタ8は人気があり中古車屋もヨタ8、ハコスカの仕入れは強化しています。ヨタ8も300万円を超えるとどんなにきれいでも売れないそうです。レストアの手間賃はヨタ8もフェラーリも同じです。業者はフェラーリを選ぶでしょう。
DSC01315.jpg

PageTop

桜④

城南地区で一番人気の桜ロードは目黒川です。桜は水がないと映えません。混雑の道をヨタ8をオープンにして走りました。この日のためにオープンカーはあるのです。DSC01234.jpg

PageTop

桜③

美空ひば○邸の桜は南からの日差しを浴び、咲き始めました。
DSC01247.jpg

PageTop

桜②

31日現在、美川○一邸の桜はまだ咲いていません。日当たりはよいのに。
DSC01230.jpg

PageTop