ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

桜①

桜の季節になりました。近所の長○剛邸の早咲きしだれ桜が咲き乱れています。
DSC01212.jpg

スポンサーサイト

PageTop

帰ってきた

お台場のMEG@WEBに展示してあったヨタ8が帰ってきました。Goodwoodから帰ってきてから走る機会もなくひっそりと車庫に置かれているこの車です。K4GPの走行会に持っていって走らせようかな。
DSC01108.jpg

PageTop

PageTop

ぷちオフ会

トヨタスポーツ800オーナーズクラブのオフ会をお台場でしました。天気が悪かったおかげで集まりは悪く、パレットタウンの裏のサイゼリアでミーティング。サイゼリアってなんであんなに安いの。場所も悪くないのに。
DSC01190.jpg

PageTop

ぶらっと代官山

代官山も同潤会アパートがビルに変って急に発展しました。休日はこの小さな町も女性であふれます。これからお花見のシーズンでは城南一のさくらの名所、目黒川に代官山から下る人も沢山います。美空ひばり邸とエジプト大使館の間の坂を下ったり、西郷山公園から下るコースは一瞬セレブになった気がします。
でも代官山の駅てなんでこんなに小さいの。
DSC01146.jpg

PageTop

ぶらっと広尾

一番すきな町と聞かれたらすかさず広尾と答えます。庶民からセレブまでまかなえる町として発達してきた町は東京広しと言えども広尾だけです。まず、ドイツ、フランス、スイス大使館があり、外人がたくさん住んでいるため外国の匂いもします。商店街の入り口にまず銭湯、一杯飲み屋が並び、隣にはセレブ用のフレンチ、イタリアン、和食の名店もあり、でもなんといっても聖心女子大の生徒が商店街を闊歩しているのは見ごたえがあります。。商店街から東京タワーがちらっと見えます。カフェの多さもまったりとした時間を好む人が多いのかも。
DSC01134.jpg

PageTop

ぶらっと西麻布

DSC01137.jpg
サラリーマンの頃通っていた西麻布へヨタ8と言ってきました。西麻布はたくさんの問題を残してイメージの悪い街です。最近では酒井0子の旦那が報道陣をまいたり、元横綱が一般人をなぐったり、J-W000のボーカルが捕まったり数限りなく話題はあります。永平寺分院の横を入った、朝00が問題を起こした小道へいってきました。昼間なので飲み屋やレストランがひっそりとしていました。

PageTop

有明会②

有明会では主催者がお菓子や飲み物を配っていました。女性の参加車も多く、広く開かれたイベントに育っているみたいです。途中からこのイベントを見たレッドブルの広告塔を乗せたミニが参加。美人のドライバーからレッドブルをもらいました。ヨーロッパやアメリカでは売れているそうです。日本は沢山の栄養ドリンクがあるので1本200円のエネジードリンク、レッドブルは売れません。ちなみにこの車は日本に15台あるそうです。
DSC01098.jpg

PageTop

有明会①

初めて、有明会に行ってきました。第二日曜日、船の科学館の駐車場に三々五々集まる最近はやりのゆるーいミーティングです。メインの車は英国ライトウエイト(1000Kg以下)車。ここに集まる車は皆凝っています。1台、素晴らしいスプライトがありました。色は日産でいうとミレニウムジェッド色、フロントウインドは取り去り、小さなフードのみ。エンジンルームを見ると某国産車のエンジン。あらゆるところにアルミ削りだし(ビレット)パーツで軽量化。ボンネットはFRPで開き方も逆。改造車や自慢の車を持っていたら是非とも参加して我々それをに見せてください。
DSC01087.jpg

PageTop

NYT③

40年前のヨタ8を20年前のAZ-1と比べるとフロントウインドの傾斜が違いますね。ヨタ8の頃のホンダS800,日産フェアレディもフロントウインドは立っていて高さも低かったようです。
DSC00587.jpg

PageTop

NYT②

参加車を比べてみると40年前のヨタ8や2000GTの下部は船の底のようにつぼまっていますが現代の車はエアロがついていなくても下部が広がっています。空気の流れをより利用しています。
DSC00602.jpg

PageTop

TSOCニューイヤーツーリング(NYT)①

快晴の日、TSOCニューイヤーツーリングに行ってきました。今回は千葉、東金道路の野呂Pから銚子往復です。本当にフラットな千葉を300Km走りました。我がヨタ8のデフが悪く代車のコペンATで楽なツーリングとなりました。参加車はSR311、AZ-1、911RS、トヨタ2000GT、コペン、ジムニー、ヨタ8、9台の15台でした。途中、マラソン大会があったりして若干おくれて銚子の京成ホテルに着き、すぐに太平洋の見渡せる露天風呂で入浴、食事は銚子港のウオッセ、潮来インターから東関東道で千葉までもどってきました。天気が良かったのが幸いして気持ちの良いツーリングでした。
DSC00608.jpg

PageTop

スペイン⑪

スペイン旅行でお世話になったバスはベンツ、フロントの窓ガラスにひびが入っていました。120Kmで高速をとばします。1日500Km暗いは走ります。今回は5日で2100Kmでした。
DSC00447.jpg

PageTop

スペイン⑩

ドンキホーテで有名な風車はまだたくさん残っています。そのそばに風力発電の風車がたくさんあります。スペインは昔から今まで風車は無くてはならないようです。
DSC00716.jpg

PageTop

スペイン⑨

スペインらしさを感じるのはフラメンコです。フラメンコは南部だけです。北のバルセロナにはタブラオはありません。グラナダで見るのが一番です。イスラムの侵略を受けてイスラムに虐げられた思いを踊りに表現するので踊りの中には笑いはありません。
DSC00756.jpg


PageTop

スペイン⑨

スペインでこまるのはトイレの便器の位置が高いのです。私のような165cmの男にとっては背伸びの毎日です。
大便の後始末の紙は流せません。そばの籠かふたつきのボックスにいれます。大きなホテル以外はだめです。外人はみな驚きます。ウオッシュレットを早く売り込め日本。
DSC00713.jpg

PageTop

スペイン⑧

スペインで虫のような3輪車を見ました。小さすぎて運転が怖いです。観光用として貸しているそうです。
DSC00409.jpg

PageTop

スペイン⑦

パリと同じような貸し自転車が充実しています。これからの傾向ですね。日本は遅れています。
DSC00405.jpg

PageTop

スペイン⑦

スペインの高速道路のパトカーはアルファロメオ。なかの装置は日本並、ラテンの血が騒ぐのか超高速運転です。
DSC00942.jpg

PageTop

スペイン⑥

スペインで驚くのがツーシータスポーツカーがほとんど走っていないことです。6日間で10台も見ませんでした。ベンツ2台、ポルシェボクスター2台、BMW2台、アウディ、ユーノス、コペン各1台です。改造しているスポーツカーなど皆無です。多分、スポーツカーの税金、保険が高いのでしょう。日本はよかったと実感しています。そのかわり小さなコミューターが多く見られます。
DSC00173.jpg

PageTop

スペイン⑤

スペインの高速道路は世界でも有数の充実ぶりです。カタロニア地方をのぞくと無料、だから出口、入り口が無数にあります。サービスエリアも10Kmごとにあり、運転者もワインを飲んでるような?この高速道路のおかげで観光客が増えたそうです。人口3000万人、観光客4500万人だそうです。それにしてもうらやましい。
DSC00786.jpg

PageTop

スペイン④

同じ、トルコの大統領の車列にトヨタカムリの覆面パトカーもありました。スペインでも覆面パトカーがかなり出没しているそうです。
DSC00240.jpg

PageTop

スペイン③

コルドバでメスキータ寺院にトルコの大統領が来ていました。車列の先頭はプリウスのパトカー、外部の人にはエコカーを付けるのか?
DSC00234.jpg

PageTop

スペイン②

我々が乗っていた観光バスが高速道路で違反切符を切られました。罰則はなんと補助席に人が乗っていたということで70ユーロ取られました。違反の種類も地方ごとに違うとか。
DSC00041.jpg

PageTop

スペイン①

スペイン旅行に行ってきました。天候は不順で1日に4,5回変ります。気温も日本並で南スペインでも同じでした。スペインと言えばガウデーのサクラダファミリア、ドンキーホーテの風車、グラナダのフラメンコとアルハンブラ宮殿、数々の世界遺産。
自動車関係でいえばまず、小型車のシェアが80%と圧倒的に日本と違います。車は待ちに止めるのが一般的で狭い道でも隙間無く止まっています。
DSC00134.jpg

PageTop