ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

空冷水平対向2気筒

空冷水平対向2気筒のエンジンと言えばシトロエン2CV,パナール、パブリカ、が有名ですが忘れていけないのがBMWです。バイクのエンジンとして50年も作っています。最近ではHKSが800ccの飛行機のエンジンを作っています。2Uのエンジンが壊れたらこれを載せる手があります。BMWのエンジンを載せたレーシングカーを見ました。これがとっても早いのです。DSC00362.jpg

スポンサーサイト

PageTop

K4GPにも痛車

どこのイベントに行っても痛車がいます。ついにK4GPにもビートの痛車出現です。
DSC00374.jpg

PageTop

K4GP

冬のK4GPは寒いのでエンジンには良いのですが華やかさがありません。明け方のガレージは身が引き締まる気がします。
DSC00365.jpg

PageTop

同じサイズの車④

アバルト595と同じ車体ながらミッドシップにホンダシビックのエンジンを積んだ車を見ました。これならK4GPで富士スピードウエイを10時間走れそうです。
DSC00640.jpg

PageTop

同じサイズの車③

近所の中古車屋でアバルト595が売りにでていました。本物のシャーシNoが付いていました。200万円です。買いたくなりましたが車高の高さが気になったり、短いホイールベースによる安定感がいまいちだし、エンジンも空冷2気筒ですがフルフロータイプでないので2Uエンジンと比べるとちょっとしょぼいです。
DSC03198.jpg

PageTop

うらやましいエンジン

ヨタ8のエンジンをオーバーホールしたいので過去の写真を見てどんなチューンニングエンジンにするか、夢をみています。でもこれでは街乗りはできません。
DSC00288.jpg

PageTop

話題の土地

今、日本で一番騒がれている土地です。呑川沿いの低い土地なので今後、地球温暖化で大洪水がきたら水没です、でもこれが4億円とは!!。バブルの時だったのですね。
DSC03851.jpg

PageTop

同じサイズの車②

近所のサラティーポ1号です。古いフェラーリに似たカップチーノベースの車です。ホイールもアルミにセンターロックのスピンナーが付いています。まるで1960年代にマイクホーソンがルマンで勝ったジャグアーDタイプですね。
DSC03857.jpg

PageTop

アルミバンパー

友人がアルミ製のバンパーを手曲げとハンマーとアルミ半田で作りました。なんでもやればできます。
DSC03732.jpg

PageTop

外国にあるヨタ8

外国の中古車屋で売りにでているヨタ8です。ダンロップの13インチのワイヤーホイールがマッチしています。きれいですね。私もワイヤーホイールを付けたことがあります。ボラーニのアルミのワイヤーホイールが手にはいればまた付けたいです。
936325.jpg

PageTop

街を走るヨタ8

街を走るヨタ8はとっても小さいです。自分で乗っているとあまり気がつきませんが他の車に乗っていてそこからヨタ8を見るとなおさら感じます。60年代はこんなちいさな車を作っていたかと省エネだったのですね。
DSC00228.jpg

PageTop

明けましておめでとうございます

私の新年は6日です。やっとブログを書くことができました。今年もヨタ8とともに生活をしていきます。私のヨタ8は60Km以上で走るとグワングワンといったような音がでます。1月31日のJCCAニューイヤーミーティングが終わったらオーバーホールです。でもどこが悪いかを発見しないと手がつけられません。ひさしぶりに修理するのでわくわくしています。
DSC00096.jpg

PageTop