ヨタ8と東京の日々の写真

トヨタスポーツ800やモールトンバイクと巡る東京。

Road & Track

毎日暑い日が続きます。こういう時は部屋で本を読むにかぎります。
60年代のRoad&Trackを引っ張り出してきました。
この本はヨーロッパ車とレースを主題としたUSで最も権威ある雑誌です。
IMG_000c4.jpg
Road&Trackの目玉はロードテストです。特に400mのタイムが世界標準として車の評価が決まるためメーカーも必死です。このグラフによって車の売り上げがきまるとも言われています。
>
IMG_001c3.jpg

時にはサンフランシスコのケーブルカーのロードテストまでも
IMG_00xc10.jpg


Road&Trackの広告はヨーロッパのスポーツカーが多いです。英国車のなかでもロータスが多いことにおどろきます。
IMG_000v8.jpg

又、アバルトマフラーの広告は毎号出ています。アメリカでは標準のマフラーですが日本ではなじみのないマフラーです。
IMG_00cv05.jpg

日本ではヨーロッパの60年代の車の情報は殆どはいってきませんでした。スプライトMk1のボディシェルがこんなにあることも知りませんでした。
IMG_00zw12.jpg

スポンサーサイト

PageTop

ケータハム

ケータハムがF1にエントリーとF1のサイトに出ていました。昔、ケータハム7が買いたくてケータハムカーズに行ってきました。スイスバーゼルの本社に出張の折、英国に立ち寄り、ヴィクトリアステーションから電車に乗り、ケータハムヒルズで降り、10分も歩くとケータハムカーズです。当時は正式な門もありませんでした。chata1.jpg
中に入ると中古車販売店があり、そこを突き進むと下請けからきた新車のボデーが野ざらしで積み上げられていました。chate2.jpg
横の工場で数台が組み立てられていました。結局、新車は高価だったのでキットフォームを購入、それを他の会社で組み立ててもらい日本に輸入して乗りました。新車の2/3くらいの価格chate3.jpg
でした。今やケータハムも大会社、隔世のかんがあります。

PageTop